増えたのはケガと病気の薬だけ。そんな貴方へ大切な2つの臓器改善を教えます。

デトックス


こんにちは、あべ@ です。


若い時は集中力が持続して
2つも3つも同時に作業できました。

若い時は慎重に行動しなくても
ケガや事故を起こすことをしませんでした。

若い時は効率的に仕事が
流れるように処理できていました。

でも、最近は…

どうしちゃったんだろう?
オレ?

健忘症どころではありません。
最近の私は認知症まで考える様になっています。

自信がない

私の趣味はオートバイです。

高校生の時に中型自動二輪を親に内緒でとって
裏山にコッソリとバイクを隠して
季節に関係なく乗り回していました。

社会人になってからは
友達を誘って、多い時は20台以上の
参加者を先導、引き連れてツーリング。

今でもツーリングマイスター
自負しています。

安全についても、
青信号を通過する時に右左を瞬時に確認して
今でも走っています(右直事故の予防)

まず、そんな人いないでしょう…


そんな自称ツーリングマイスターでも

最近、見たつもり、確認したつもり、簡単な運転技術だからできるつもり、が

視力や聴力が弱くなり
認識→判断力が弱くなり
身体への指令が弱くなり。

ケガや事故が増え、身体が思うように動けないことが多くなりました。

どうしちゃったんだろう?
オレ?

そんな時に友人から勧められた
ファイバー(食物繊維)粉末飲料を飲んだ
デトックスが有効的だったので
皆さんへも教えたいです。

腸内環境を改善すること

デトックスとは

身体の中に蓄積された
毒素や老廃物を排出すること。


簡単に説明すると
ファイバー(食物繊維)粉末飲料を飲んで
腸内環境を整えることです。

腸内細菌が棲む腸内をキレイにすることで、キレイな血液が産生され、身体中の隅々まで‟元気の素”を届けてくれます。

方法は簡単

食物繊維系のプロテインを飲む。
水を1.2ℓ以上/1日に補水する。
必要最低限の運動はする。
必要栄養素、滋養をしっかり取る。
食べた分の排泄をちゃんとする。


それらがバランスよく生活にある。

食事の制限は基本的にありません。
よくプロテインを飲んだから
あまり食べなくてもいいだろうと
小食になる人が見受けられますが、

条件次第では〝栄養失調〟を誘因します。


一番、大事なのが…
排泄行為だと考えています。

これが意外と間違えた認識を皆さん、もっています。



腸内環境改善が及ぶこと

排泄行為のの間違えた認識。
1日1回。または便意を感じたとき、

トイレに行けばいいんでしょう?

間違えではありません。

しかし 私が推奨するのは
腸内に食物が、ほとんどない状態。

つまり胃腸の中をカラッポの状態
にすることです。

便秘の説明ではありません。
下剤を飲む事とは違います。

腸内にわずかばかり残る滞留便までもを排出すること

胃腸が充分に働ける環境になり
本当に必要な栄養素を摂り入れることが
出来るようになります。

滞留便から残りカスの栄養を摂取することで不必要な蓄積してしまうのを防げます。
つまり内臓脂肪が減らせることになります。

そして

小腸・大腸で分解されることがない
食物繊維(日本人に不足ぎみ栄養素)は

大腸に住み着く腸内細菌
新鮮なエサを届ける
ことが出来るのです。


この腸内細菌が…

しっかりとした働きをすることで
血液がキレイ(浄化)にもなり、、、

キレイな血液は各臓器へ
新鮮なエネルギーを運搬して

しっかりとした働き
をさせることが、
できると言うわけです。


その中の1つの臓器が
   というわけです。


腸は第二の‟脳”と言われている理由がありました。

″内臓” は ″脳”にまで
影響していました。

自信を取り戻す

机の脚の角に足の小指をぶつけたり

こっちを済ませる前に、あっち済ませてから
あれ?何をしないといけないんだっけ?

短時間、作業するだけで疲れた~

日常のダラシナイ生活が
ダラシナイ体型になっていない?

ほかにもイロイロ…

どうしちゃったんだろう?
オレ?


を食物繊維をプロテインを飲んで
デトックスを始めることで
腸内環境を整えることが

アナタのカラダの隅々まで「健康」へ
作用してくれます。

認知症や糖尿病など
心配する病気から予防を考えてみませんか?


今までの生活を改善して
これからの人生も楽しみましょう。


そのために
ファイバー(食物繊維)粉末飲料で
デトックスすることを
お勧めします。
  

とっても簡単です!

方法は私が教えます。
公式LINEからアンケートにお答えください。



本日はここまでにします。
お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました