薬に頼らない医師・薬剤師が語った糖尿病予備軍にはデトックスが効果ある話。製薬会社からの儲け主義より、健康取り戻す主義の信用ある話。

デトックス


こんにちは、Ducky です。


今回は糖尿病について心配する人向けの記事になりますが、Ducky は医療従事者ではありませんので断定した内容にはしませんことをご理解ください。


Ducky が直接会った 医師または薬剤師で、薬に頼らない‟人間が本来もつ免疫力”を上げるためにデトックスで腸内環境を整えることが効果があった話や

病気を治療する仕事を選択した人たちが、口をそろえてデトックスで‟健康”を取り戻すことが、糖尿病予備軍には1番の善策であり苦痛も伴わない予防効果があった説明のあとに

糖尿病予備軍と心配していた人達が健康を取り戻し、不安が解消された喜びの声が、医師・薬剤師としても「喜び」である。話を直接聞いて Ducky も感動した話が伝えられればと思います。

食事療法や運動習慣の改善は糖尿病予備軍を糖尿病予防へと手段に説明する、が基本的な予防策でありますが

デトックスは効果があることを
話を聞いた現役の医師・薬剤師が語っていました。





【注意】糖尿病と診断されたとき
医療による専門の治療が必要になります。


以下の様な糖尿病罹患者に
ならないためにも
糖尿病予備軍と心配している間に考えを改めて、行動しませんか?


まずは糖尿病患者の「声」を聞いてみます。

  • 人間関係(家族や友人・知人など)
    いらいらするとあたりたくなる(2型糖尿病)
  • 食事療法、運動療法、仕事・学校生活
    人に知られたくないので旅行にも行けなくなりました。(2型糖尿病)
  • 外食・お酒の付き合い、インスリンや薬物療法の実施、血糖値のチェック、旅行、外出先での、血糖測定、インスリン注射をどこでするか。人前では、なかなかしにくい。(1型糖尿病)
  • インスリン注射を打つのに抵抗があります。年齢を重ねると運動に差し支えがあって、血糖値の管理が難しくなります。(2型糖尿病)
  • 定期的な通院
    薬をもらうのに10日に一度通院すること(糖尿病境界型)
  • 自宅では家族が気を使って低カロリー食となるが普段の外出中(勤務を含む)のコントロールは非常に難しい。(2型糖尿病)

糖尿病には1型、2型、ここでは境界型と分類されていますが、たぶん予備軍の人をさす言葉なのでしょう。資料は少し古く2013年6月の糖尿病になって特に「不便」に感じることと、その理由 | 患者さんのほんね、医療者のホンネ | 糖尿病ネットワーク (dm-net.co.jp) 記事から抜粋です。


糖尿病の詳しい内容は読者さまの方が知っていると、説明は省略しますが

日本人の40歳以上の
3人に1人は糖尿病の危険


2010年には1080万人の糖尿病患者、予備軍を含めると2060万人にも及ぶ資料もありました。


食物繊維が効果あるわけ

人間は低血糖症との戦いでした。

つまり近年まで空腹、、飢餓の戦いだった訳ですね、

常に極限の空腹の生活の中で活動(エネルギーを作り出すため)するのに人間の身体を「血糖値を上げる」「エネルギーを蓄える」システムへ進化した考えられています。



しかし飽食の時代を迎え

食事で糖質を多く摂取すると
血液中に含まれるブドウ糖濃度が上がります。

ホルモンの1つ、インスリンが分泌され

インスリンが高くなった血糖値を下げる働きをします。

また、余ったブドウ糖はグリコーゲンや中性脂肪に変換し肝臓や筋肉へ蓄えられます。

この上がり過ぎた血糖値を下げるためにインスリンが大切な役割として働き、インスリンが不足や欠乏することで重大な病気「糖尿病」になると考えられていました。

逆に下がり過ぎた血糖値を上げる「グルカゴン」を知っていますか?


糖尿病の認識

糖尿病とはインスリンの不足や欠乏から起こる
血糖値を下げる機能不全からくる高血糖値と認識されていましたが


1 、血中ブドウ糖に刺激されたインスリンによってグリカゴンが抑制されていると考えられていたのが(血糖値を下げられないのではなく、上がるのを抑制できない) 

2 、インスリンの不足や欠乏によってグリカゴン分泌が止められないことから高血糖を引き起こす。(血糖値を下げる機能不全のうえに、上げる機能が増大している) 

3 、抑制されないブドウ糖が更にグリカゴンを刺激することで「糖新生」と呼ばれる肝臓が、どんどんブドウ糖を増やす結果を生んでいることに(ブドウ糖自体が新生して増える)心配する結果へ 

少しずつ、専門医学でもインスリンの問題からを対策するグルカゴン認識へ変わりつつあることが報告されています。 


グルカゴンへの注目は始まったばかりのようですが


インスリン(の働き)がなくても、グルカゴン(血糖値を上げるホルモンの働き)の暴走を抑えられれば糖尿病にはならない?のではないかと考えが変わってきています。


グルカゴンを抑制するホルモン(GLP‐1)分泌を高める方法として

高繊維の食物繊維、低脂肪の炭水化物や高品質の脂質を食べること。
GLP‐1 は大腸で多く分泌されます。
GLP‐1 を高めるには免疫システムと深い関わりがあり、ビフィズス菌など特定の腸内細菌がだす「短鎖脂肪酸が重要な役割を果たし、やなりエサとなる食物繊維と乳酸菌が大切なことがわかりました。


まとめ

ちょっと長く説明し過ぎましたが
冒頭で申し上げた通り Ducky は医療と一切関係ない立場にあるので、参考に聞いていただくことが重要だと思います。

しかし
エビデンスとして医師・薬剤師が治癒して、Ducky と同じ方法で食物繊維プロテインを基本に飲み、運動や食事に気も付けて腸内環境を整えた結果

(他にも違う加療法をしたかも知れませんが)

「糖尿病予備軍と認識していた人達が健康体へと戻りました」

との話を聞いています。




糖尿病予備軍に➡腸内環境改善
ではありません。

食物繊維デトックスによる
腸内環境改善では

いろいろな予防に
効果がある


もしかしたら、オレ糖尿病予備軍かな?の心配も少なくなりますよ!

始めてみませんか?
デトックス効果あります。


今回はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました